当園の理念

創立の精神

「寺として、宗教家として為すべき最大の天職は、申すまでもなく、

  • 良き魂を育て上げることであります。出来る限り、
  • コドモ中心の、清くして力あるはたらきを進めていきたいと存じます。
  • 我らの愛児たちを通して、此の町の輝かしい将来を約束したい

と思ふのであります。」

(昭和7年長谷川良信制定「真壁保育園幼稚部規則」前文)

保育理念

  • いのちの尊さを知り、思いやり深い子を育てる仏教情操教育
  • 知育、情操、体育(健康)三位一体の全人的な総合幼児教育

保育目標

  • 相手の目を見てあいさつをすることができる。
  • 呼ばれたら「ハイ」の返事をすることができる。
  • 困っている人がいたらすぐ助けてあげることができる。
  • どんなものも大切にすることができる。

保護者支援

  • 職員は、保護者の味方となる。
  • 保護者とともに職員も成長していく。

仏教保育の原理

仏(ブッダ)

「明るく」
──生命尊重の保育を行います。

法(ダンマ)

「正しく」
──正しきを見てたえず進む保育を行います。

僧団(サンガ)

「仲良く」
──助け合えるよき社会人をつくる保育を行います。

総幼研宣言

園歌

※通常は1番を唱歌します。