「保育所型認定こども園」とは

認定こども園には4つの種類があります。幼保連携型認定こども園、保育所型認定こども園、幼稚園型認定こども園、地方裁量型認定こども園です。真壁保育園が認定を受けたのは「保育所型認定こども園」です。

保育所型認定こども園は、認可保育園のまま、県知事より認定こども園の認定を受け、2号・3号認定(保育認定)のお子さんに加え、1号認定(教育認定)のお子さんを定員内において入園させることができる制度です。

幼稚園型認定こども園は、認可幼稚園のまま、認定こども園の認定を受け、1号認定(教育認定)のお子さんに加え2号・3号認定(保育認定)のお子さんを入園させる制度です。

地方裁量型認定こども園は、認可外保育施設が、認定こども園の認定を受ける制度です。

幼保連携型認定こども園は、上記の3とはことなり、保育所の認可や幼稚園の認可無しに、「幼保連携型認定こども園」としての認可だけをうける制度です。

制度は複雑になりましたが、一番大切なのは、目の前の子どもたちが楽しく園ですごすことなのではないかと思います。園からお家にかえるとき、「今日も一日、こども園で楽しかったな。はやくまた園にきたいな」お子さんにそう思ってもらえること。こども園では職員一同、そのことをもっとも大切に考えています。